HOME>Review>和婚で人気!鶴岡八幡宮で理想の結婚式を実現しよう

和婚で人気!鶴岡八幡宮で理想の結婚式を実現しよう

神前式

和婚ブームが再び訪れ、神社を利用して結婚式を挙げるというカップルが増えてきています。中でも鎌倉にある鶴岡八幡宮が人気を集めており、利用者がどういった式を行なったのか事前に把握して検討してみると良いでしょう。

Review List

観光客にも祝福されたので嬉しかった!

鎌倉と言えば言わずと知れた観光地ですが、そのメインともなる鶴岡八幡宮で結婚式を挙げました。ホテルなどの会場は友人の結婚式で多かったので、少し変わった式でみんなの記憶に残る式を挙げたいと夫と相談していました。近くに住んでいたこともあり、子供のころから鎌倉には慣れ親しんでいました。もちろん、白無垢を着て若宮大路を歩いている花嫁さんを目にしたことは何度もあります。実は白無垢と和装に憧れはありました。顔つきが和風と言うのもあり着物の方が似合うと言うのと、ドレスは写真館などで気軽に着られますが白無垢となると気軽にとはいきません。両家の両親にも相談し、白無垢を着たいのならば鶴岡八幡宮で式を挙げてしまおうと決断しました。たくさんの人たちに注目されて始めは緊張しましたが、綺麗とかおめでとうと声をかけていただき、こんなにも多くの人に祝福されるなんて幸せだなと嬉しくなりました。
[20代/女性]

国の重要文化財で式を挙げられるのが素敵♪

初詣は鶴岡八幡宮と決めており、鎌倉は何度も足を運んだ場所です。私たち夫婦はお寺や神社を巡るのが好きで、デートでもよく鎌倉へ行きました。鶴岡八幡宮で結婚式ができるのを知り、私たちにはピッタリだとすぐに決めました。由緒正しい鶴岡八幡宮の舞殿は、静御前が源野頼朝公の御前で源義経公を慕って舞を行った場所に建立された神殿です。そこでの神前式は、まるで過去へタイムスリップしたかのような厳かで幻想的な式になりました。和楽器の演奏が神殿を包み込み、鮮やかな朱色に白無垢が映えました。国の重要文化財で挙式ができ、両親や招待客にも大変喜ばれました。これからも私たちの大好きな特別な場所として、鎌倉へ何度も通う事でしょう。
[20代/女性]